脱毛について - グッドのブログ

men's脱毛サロン Good(グッド)
2015年11月08日 [脱毛について]
光脱毛を受ける為には毛を処理して頂く必要があり
剃毛される場合は前日までに剃って頂く事をお勧めします。
光脱毛は黒い色素に反応する為、余分に毛があると光が拡散して毛根まで光が届かなくなってしまいます。
光脱毛をするとお肌が焼けたような感覚を伴う時があり、施術後直ぐはヒリヒリする場合があるので
前日の剃毛もなるべくお肌を痛めないように注意をしてください。
脱毛に適している毛の長さはおよそ1mm以内ですので前日に剃毛して頂くのがベストです。

ではお肌を痛めにくい剃毛の仕方を紹介します

1最初に剃毛する箇所を温めたタオルやシャワー(湯船に浸かる)で肌を柔らかく緩め毛にも水分を与え柔らかくする

2シェービングジェルやローションを使いカミソリが滑らかにお肌をすべるようにする
市販で売っている薬用シェービングジェルなどはカミソリ負けを抑えてくれたりするので、私はおススメだと思います!

3毛を剃る向きは毛並みに沿って剃る
毛が長い場合ははさみなどで剃りやすい長さにカットすると剃りやすいです

4暖かいタオルやシャワーで拭きとるかシャワーで流してください

5綺麗にした後は冷たいタオルや水でお肌を引き締めてください

6保湿クリームやローションで保湿する(1番大事です)

注意するところは
1剃毛する前はお肌を綺麗にしておく
2何も付けないで剃るとお肌をかなり痛めます
3一度剃ったところをもう一度剃るような2度剃りはかなりお肌を痛めます
4カミソリをお肌にあてたら必要以上に力を入れない
5深剃りはしない
以上の5点は気を付けましょう



2015年10月18日 [脱毛について]
脱毛の種類はご自宅で自分でする家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリ、毛抜き、最近ではワックスもご自宅でできますね。
エステサロンでできる光脱毛、針脱毛とレーザー脱毛は医療行為となるので医療機関でできる脱毛になっています。
では脱毛のメリット、デメリットを紹介します。

家庭用脱毛器
最近のマシンは脱毛効果が期待できるといわれている物もあるようです。

メリット
ご自分の都合にあった時間でできる
エステサロンと同じような施術ができる
人に肌を見せなくてよい

デメリット
背中などの見えないところなどはなかなか自分ではできない
施術を短いスパンで行い、回数もそれなりにしないといけない
カートリッジの部品を買い替えないといけない

除毛クリーム
一度に広範囲の除毛ができる

メリット
ご自分の都合にあった時間でできる
安い料金でできる
人に肌を見せなくてよい

デメリット
背中などの見えないところなどはなかなか自分ではできない
クリームの刺激がかなり強いので肌が弱い方は肌が荒れる
頻繁にしないといけない

カミソリや毛抜きは一度は経験がありますよね?ワックスは一度に大量の毛を抜く事ができます。

カミソリや毛抜きやワックスは形を整える事が容易に出来ますが、頻繁にしないといけないという事と肌へのダメージを頻繁に与えるという事になります。

光脱毛
サロン等で安価な値段で来ます

メリット
サロンやクリニックで施術する為、全身脱毛ができる
したい毛量にすることができる
3~4回で毛量の変化を感じる

デメリット
サロンやクリニックに予約を取らないといけない
施術はゴムで弾かれた様な痛みを伴う時もある
人に肌を見せないといけない

レーザー脱毛
医療機関でできる

メリット
全身脱毛ができる
痛みを伴う為、麻酔を使用してくれる場合もある
2~3回で毛量の変化を感じる事ができる

デメリット
料金が高い
施術後火傷のようなヒリヒリ感を感じる事がある為、塗り薬を処方される
細い毛には反応しにくい

ニードル脱毛
医療機関でできる

メリット
一本一本施術するため綺麗にデザイン脱毛ができる

デメリット
料金が高い
施術には時間がかかる

以上が一般的によく目にしたり聞いたりする毛の処理方法になります。

毛がコンプレックスと言う方は男性にも女性にも多いです!
自己処理を続けていると肌を痛めたり、毛を濃くしてしてしまうのでサロンや
医療機関で脱毛される事をお勧めします。

当店はお客様と相談しながら最短で脱毛ができるように施術しています。
















2015年10月11日 [脱毛について]
脱毛サロングッドでは光脱毛を行っています。
まず初めに光脱毛はどういったものでどういった施術をするのか説明したいと思います。

光脱毛とは、お肌のメラニン色素(黒色)にのみ反応する光を照射し毛根にダメージを与えることによって毛が生えるのを抑える効果を持ちます。

光脱毛の施術方法の説明をします。
脱毛サロングッドで使用している最新マシンは薄くて細い毛質の光、濃くて太い毛質の光と別れている為、施術部位の毛質に合わせて脱毛マシンの設定をします。
次に毛が処理されていれば、そのまま施術に移りますが毛が伸びている箇所があれば剃毛して頂く場合があります。光脱毛は黒い部分に反応し熱でダメージを与える為、表面に出ている毛にも反応してしまいます。

毛の処理が終わると光脱毛の開始です。クーリングジェルもしくはアイシングにて施術箇所を冷やし光の照射を行います。
光の照射を受けた箇所はゴムで弾かれた様な感じをうけます。施術回数が1回目より2回目、2回目より3回目と回数を重ねると、照射された感覚も減っていきます。それは毛量がだんだんと薄くなっていっているからです。毛が無くなっている箇所は何も反応しないという事になります。
脱毛

施術部位の脱毛が終わるとお肌も火傷に近い状態になっているので、光照射した部位を再度冷やします。
施術された部位は日光に当てないように注意して頂き、十分に保湿されることを説明し施術は完了です。






このページの先頭に戻る